連日、暑い戦いが繰り広げられているTOKYO2020オリンピック!

 

昨日は波乗りJAPANが大活躍!

 

 

女子では都築有夢路選手が銅メダル!

 

 

五十嵐カノア選手が銀メダル!

 

初めてオリンピック競技に採用されたサーフィンで男女メダル獲得の歴史的快挙!!

 

急遽、地上波放送もあり日本テレビで中継されました。

 

TV放送では都築選手の準決勝、そして3位決定戦。カノア選手の決勝がLIVE放送。

 

都築選手は準決勝で敗退したものの3位決定戦を勝ち上がり銅メダル!

 

カノア選手は決勝で敗退してしまいましたが銀メダル獲得の素晴らしい成績。

 

 

SNS上でもこの快挙の話題で盛り上がり、TVのニュースでも取り上げれれました。

 

今朝のニュースでは各放送局で大きく取り上げられ、2人のメダリストはTV出演していて思わずチェックしてしまいました。

 

サーフィンもついに注目された!

それだけオリンピックって凄い。そしてメダルを獲得したことがとても重要な事で、2人が収めた功績がサーフィンの未来を大きく切り開いてくれたのだと感じました。

 

本当におめでとうございます!!

 

 

ここから真のメジャースポーツへ。

 

ガッツリ稼げるスポーツになりますように願います!!!!!

 

 

 

 

 

そしてここからは僕的、サーフィンオリンピックの感想!

 

 

日本代表はメダル獲得した選手の他にハワイに住む日本人の前田マヒナ選手、開催地が地元の大原洋人選手も出場!

 

前田選手はハワイ住んでいて世界レベルの実力がある選手。ラウンド3で今回4位のアメリカのキャロラインマークス選手にやられてしまいましたね。今、勢いのあるキャロラインマークス。前田選手も実力の出せる波に乗り良い試合運びをすればチャンスはあったかもしれないけど相手はガン決めしてしまったので悔しい敗退でしたね。

 

 

そして地元の大原選手。1回戦は地元の利を生かした安定の試合運び。そしてパフォーマンスで2位でラウンドアップ!ここで1位だったのがこの後にも対戦するイタロ選手でした。

 

 

3回戦はCT選手ではないものの有名なミゲール・トゥデーラ。ただし実力を出せれば勝てるであろう相手。

しかし相手は実力をしっかり出してきて、前半から決めまくってリズムをつかんでました。

最後まで追い込まれてしまい残り数分。万事休す!??

そこで奇跡の波がぁ~~~一発逆転のエアリバース!!

決めた!!!!!奇跡かー!!

勝ちに対する執念と地元での開催が彼のパフォーマンスを後押ししてくれたように感じました!

携帯でLIVEを観ていて大興奮してしまいました!!

 

そして準々決勝。

対戦相手はワールドチャンピオンのイタロ・フェレイラ。

ガブリエル・メディーナ。フィリーペ・トレド。そしてイタロ。

現在、CTで大暴れするブラジリアンストームの中心選手の一人。

 

CTを観たことがある人ならわかるけど、もはや意味不明なエアーの高さと完成度。

メイク率が尋常ではなく、最も対戦したくない(個人的感想)一人。

もう交通事故レベルw

 

 勝つには相手がズボり、こっちが決めない限りかなり厳しい戦い。

 

 

今回のサーフィンの日程。

そこに大きな疑問を抱いていました。

昨日のコンディションは台風の接近にオンショア強く、波もハードでジャンク。本来ならクローズアウトでフリーサーフィンならやらないような日。

 

そして翌日になればオフショアに変わり、コンディションは良いのでは!?な予報なのに開催側が下した決断は翌日に延期どころか予定を早めて決勝まで終わらせるという判断。

 

当然、なぜ!?当然それは知らないままです。

 

しかし、万が一大原選手や都築選手の勝利の可能性を広げるにはジャンクになればなるほど相手に良い波を与えず、自分たちが良い波の乗れればチャンスが生まれる。

 

もしかして!?そんな判断する!?と思いながらプラスにとらえていました。

 

実際に、もちろん良いライディングを決めるのは選手の実力ですが格上の選手を倒して勝ち上がった都築選手はこの会場の波も味方につけていたように思います。

 

 

そんな中、イタロ選手は難しいトリッキーなコンディションで凄いエアーを決めてきました。

 

考えが甘かった!?ブラジリアンストームはそれ以上のメンタルとスキルで失敗しない。

 

ベストを尽くす大原選手でしたがイタロ選手には及ばず。残念ながら敗退してしまいました。

 

しかし、前の試合での逆転エアーは感動したし、これから世界の舞台で戦う大原選手の自信につながる試合だったと思います。

 

 

そして都築選手。

準々決勝では優勝候補のサリー・フィッツギボンズ。

ハードでジャンクな波をチャンスに変え強靭な下半身で見事にハードなアクションをメイクさせてサリーを破る大金星を上げた!

これってメチャ凄いことですよ!

そしてお次はカリッサ・ムーア。最強のサーファーの彼女との対戦。

 

実はこのヒートはメチャクチャチャンスでしたよね。カリッサが良い波を掴めませんでしたから。

カリッサを破る大チャンスだったのに都築選手も良い波に乗れず、残念ながら敗退。3位決定戦へ。

 

そして、そのヒートでは前田選手を破ったキャロラインマークス選手とのヒート。

この辺りは波が悪くお互いが決めれず。前半にハードな1マニューバーを決めて5点を出した都築選手が辛くも逃げ切り、見事に銅メダルGET!!!!

素晴らしかったです。これまた感動しましたね。

 

 

 

そしてカノア選手。

準々決勝では僕の大好きなコロヘアンディーノとのハイパフォーマンス対決を制して準決勝のガブちゃんとの対決。

 

いきなり信じられないフルローテンションエアーをメイクする空気の読めない。容赦ないガブちゃん。

その後もガン決めしまくりヒートを大きくリード。

 

カノア選手もクリティカルなセクションでエアーからのマニューバーで7点台をメイクするものの追い詰められたまま残り時間が経過してしまいました。

個人的には走りまくってエンドセクションのハイエアーよりも形良い波のクリティカルなポジションでのエアーに点を付けてほしかったですね。ビックリしたもんあのエアー。

 

しかし見せ場は終盤で訪れました。

カノア選手に必要なポイントが9.03だったかな!?

 

こんな点数なかなか無理でしょ!?

 

というシチュエーションでつかんだ波で、それを決めるしかない!?凄いエアーか!?

波のセクションから飛び出し、レールをグラブしての高さのあるフルローテーションエアーを完ぺきなランディングでメイク!!!!!

 

うぉ~~~!!まじかー!!!!!?ライディングで奇跡の大逆転!!!!

 

メダル確実にして決勝へ!

 

 

そして運命の決勝。

 

 

相手は最後のボスキャラ!?イタロ選手。

 

 

波は正直、かなり厳しい。

 

その中で良い波を掴めれば十分にチャンスはある!実力十分のカノア選手ならその可能性はメチャ高い!

そしてそんな時こそ強いカノア選手!
 

のはずが....

 

 

始まってみればよい波を掴めないカノア選手。

 

 

同じくイタロ選手も!?なところを柔軟にこれまでこの会場でハイポイントにつなげていたライトの波をやめてレフトの波へアプローチ。

しかもエアーではなくベーシックマニューバー(それでも凄い)でポイントを重ねる。

正直、フロントサイドになるイタロだからあの張ってはいるけど難しそうなレフトの波でメイクできたのでは!?これが世界チャンピオンか。

 

あっという間に追い込まれてしまったカノア選手。

 

準決勝まで乗ってきた波さえ掴めれば.....

 

しかし、ことごとく掴む波は十分なマニューバーを決めるセクションはなく、最後まで乗りたい波は来なかった。

 

点数だけを見れば大差。サーフィンをしらない方がみれば圧倒的な敗北かもしれないけれど勘違いだけはしないで欲しい。

 

本当にチャンスすら掴めずに負けてしまったのだから。

サーフィンは自然相手のスポーツ。どんなに凄い選手でも波に恵まれなければ絶対に勝つことはできない。

 

試合に出たことがある方なら、そうでない方でもわかると思うが実力ではどうしようもない波の神様の悪戯!?波を全く掴ませてもらえない。右に左に動いても常に逆をいく。面白いように波がつかめない状況があるんです。

 

これはマジで悔しいんですよ。実力を全く出させてもらえないのだから。

 

相手と逆の波まわりならぶっちぎりでカノア選手が勝っていたでしょうね。

 

 

このチャンスかと思われたジャンクコンディションが最後の最後で味方してくれませんでしたね。

 

 

 

とても残念でしたが、銀メダルは本当に素晴らしい結果です!

 

 

この出場選手の中でメダルを獲得することの難しさ。

 

 

それでもカノア選手は絶対にメダルを取るという確信は僕にはありましたよ。

 

優勝候補は!?という質問の中でガブ、イタロは最有力!

 

その次に他の選手の方が実力があったとしてもカノア選手が必ずどこかに食い込む!

それがカノア選手だと思っていましたから。

 

そしてその期待を見事にこたえて日本サーフィンに凄い影響と感動を与えてくれましたね!

本当におめでとう!

そしてありがとう!

 

 

 

そいてさらに番外編。

 

ヒートの組み合わせ~

 

何故にカノアと和井田理央の対決!?

そしてジョンジョンとコロヘのチームUSA対決!?

 


怪我からの復帰で完全ではなかったのがとても残念だったジョンジョン。

 

そしてチームUSA対決のあとにカノアとの対決へ

 

その時点でマジかよ!?

 

応援したい選手が固まりすぎ(泣)

 

個人的にはメダルを取ってほしかったコロヘアンディーノ。

カッコよすぎるスタイルが日本で見れて本当によかった!

 

申し訳ないけど、この非常なヒート組ではなくもう少し散らしてくれよ~

 

ガブとイタロのボスキャラ対決でどっちかを早めに落としてくれれば他にもチャンスあったのにw

が個人的なひいき目線のオリンピックサーフィンでした。

 

 

それにしても盛り上がるか!?心配なサーフィンでもありましたが多くの感動と話題を世界に与えてくれたと思います!
 

 

結果良ければ全てよし!

 

 

僕もサーファーとして色々と頑張ろうと思いました!

 

 

 

サーフィン最高!!!!!!!!

 

 

 

せっかくグルメw

 カタログ撮影の為にせっかく都内へ行ったので、ノリカズハヤシのせっかくグルメ(テイクアウト)を決行!

 

先ずは前回も購入した護国寺にある東京三大 豆大福のお店。

帰ってから食べるのですぐにジップロックに保管。

 

 

そして急いで次の目的地へ

 

お次は笹塚にあるオパンというパン屋さん。

お目あてはオパンドッグとミルクフランス。

そして悩んで買わないつもりでいたチャバタのBLTサンドを店員さんから勧められてGET!

そしてパンもすぐには食べずに保管。

 

全てクーラーボックスで管理。

 

 

そしてカタログ撮影へ!!

 

 

カタログ撮影が無事に終了して西新宿のこちら

 

すごい煮干しラーメン凪。

ここはテイクアウトできる貴重なお店。券売機で食券を買って入り口を開けて店員さんに注文して店の外でウェディング。コロナ過なのでこういうお店があり、とても助かります。

 

特製油そば。

前回、違うお店でラーメンのテイクアウトをして車で食べたんだけど、やっぱりお店の雰囲気と器の違い。汁のあるラーメンだと美味しさが半減したので今回は油そばにしてみた。

 

狙い通り!鬼ウマ!超絶うまい!

美味しく感じることができた!  

 

満足!

 

そして帰りながらパンを少しつまみ食い。


オパンドッグ。

 

美味いよ!お腹減ってたらもっと旨いだろうにw

 


 

 

その他は帰って夕食にいただく。


ミルクフランスとBLTサンド

 

買ってよかったBLTサンド。

鬼ウマでした!

 

 

そして群林堂の豆大福を〆にいただく。

ここで事件発生!!

 

ふわふわな筈の豆大福が硬い!パサパサ(泣)

 

なぜ!?管理方法間違えた!?

 

ジップロックと保冷バッグで管理したけど冷えすぎちゃったのか!?

 

カチカチの豆大福いただきました。

 

ポテンシャルは感じるものの食感は最低(泣)

 

ごめんよ群林堂。

 

 

食べ終わってから硬くなった豆大福の復活方法を調べるという後の祭り状態。

 

 

 

次回、カタログ撮影時!?

 

 

もし都内に行くようなことがあればリベンジします。

 

 

 

 

 

コロナ過ですっかり都内へ行かなくなったので1年に2回あるカタログ撮影は嬉しさとヒヤヒヤを味わえるビッグイベントです。

 

2021-2022FWカタログ撮影!

 先日の水曜日。

 

2月以来の都内へ。

 

 

前回同様、ヌーベルバーグインターナショナルのウェットスーツカタログ撮影。

 

今回は2021-2022の秋冬ウェットスーツ!

 

新宿御苑の某スタジオにて撮影。

 

コロナ対策としてカタログモデルを時間帯で分けての集合。

 

 

SAVER CROSS

 

今シーズンはもちろんオススメのSHELLモデル。

ラインの入り方が新しくなります。

 

そして内側、ネック部分が進化!

 

ネック部分は着脱に必要な伸縮性を重点におき、これまでは裏地がノーマルの柔らかいジャージを使用していましたが新たに暖かい裏起毛ながら伸縮性の高いジャージが開発されました!

これにより保温性がさらにUP!

 

素晴らしいです!

 

 

新しいデザインジャージ。

このほかにLEONAコラボジャージが1デザイン加わります。

 

 

そしてサーフィン系ユーチューバーとして大人気の久米ブラ考案!?のフード一体型のウェットスーツ!

 

必要がないときは後ろへ。

スタイル重視でカッコよくいっちゃいましょう!

 

撮影ありがとうございました!

 

カタログは8月中旬到着予定です!

 

そして現在もウェットスーツのオーダーは込み合ったままです。

 

冬用まで納期は2か月のまま続いてしまいそうです。

 

11月には手元にウェットスーツが届いた方が良いのでオーダーをお考えの方はできる限り早めにオーダーしてください!

9月中のオーダーが必須かもしれません!!

 

 

ウェットスーツオーダーフェアーはカタログ到着次第スタートいたします!

 

むしろ8月からオーダーが入れば対応させていただきます!

 

すでにヌーベルバーグインターナショナルのホームページではFWモデルがシミュレーション可能です!

こちらからどうぞ!2021-2022FWからーシミュレーション    

 

かなり気が早い感じですが、お早めにオーダーお待ちしております!

 

 

| 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |

Profile

林 順和
林 順和 (はやし のりかず)
生年月日:1980/4/14
血液型:B型
出身地:千葉県匝瑳市
ホームポイント:野栄
趣味:ラーメン食べ歩き
スポンサー:
JS SURFBOARDS
SAVER CROSS
MEDICINE OPTICS
CARVER SK8BOARDS
CREATURES OF LEISURE
SURF8
戦歴:
2008年 プロ転向
2008年 WQS2スター HYUGA PRO 5位

NSA
全日本サーフィン選手権大会 メンクラス 3位
全日本級別サーフィン選手権大会 2ndクラス 2位

モバイルサイト

林順和サーフィンブログ

上記バーコードをケータイで読み取ってアクセスしてください。ケータイの機種によってはご覧になれない場合もございます事、ご了承願います。
 

Information

サーフショップ GLUE SURF
GLUE SURF サーフィンスクール

カレンダー

アーカイブ